スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |
←prev entry Top next entry→
寄席−よもやま話−
太神楽 寄席神田神保町のキントト文庫で「寄席−よもやま話−(昭和52年)」を買ってきました。

この本にまず驚かされるのが、写真の多さ。
昭和時代の演芸場や高座の名人たちの貴重な写真の数々を96ページにも渡り掲載している。そして、後半では江戸時代の寄席の成り立ちから昭和の現代寄席演芸までの変遷が非常によくまとめられている。

この本の太神楽についての部分では、明治になって丸一派の九代目家元が、それまで主に大道芸であったものを初めて寄席に出演したと紹介されている。
※寄席で、十三代目家元鏡味小仙師が傘の曲を演じる様子の写真が掲載されている。


<目次>
東西の寄席
新宿末広亭
新宿末広亭の寄席
上野鈴本
浅草木馬亭
浅草演芸ホール
上野本牧亭
池袋演芸場
京都花月劇場
大阪角座
大阪新花月
神戸松竹座
名古屋大須演芸場
お茶子
根多帳(楽屋帳)
地域寄席
落語
真打披露
古今亭円菊
林家三平
柳家さん助
金原亭馬主
柳家小さん
桂 文生
桂 伸治
春風亭栄橋
三笑亭笑三
春風亭柳昇
三遊亭円遊(五代目)
三遊亭円右(三代目)
三遊亭円馬(四代目)
林家正蔵(八代目)
桂 福団治(四代目)
桂 春団治(三代目)
笑福亭松鶴(六代目)
桂 小文枝(三代目)

色物
漫才
正司敏江、玲児
今いくよ、今くるよ
レッツ・ゴー三匹
都上英二、喜美枝
桂 竜夫、竜子
松鶴家千代若、千代菊
一竜斎貞丈(五代目)
講談(講釈)
田辺一鶴
東富士夫(曲芸)
やなぎ女楽(曲独楽)
浪曲
日吉川秋斎(二代目)
かしまし娘
ニューマリオネット
東京ボーイズ
宮川左近ショウ
音曲
柳家紫朝(二代目)
玉川スミ
江戸屋小猫
片岡鶴八
トリオ・ザ・ミミック
コント
玉川良一とその一党
太神楽曲芸
丸一小仙社中
どじょうすくい
寄席の踊り
雷門助六
林屋今丸(紙切り)
アダチ龍光(奇術)

寄席ビラ
寄席のビラ文字

噺家の一日
蝶花楼馬楽
朝の勤行
くつろぎ
寄席への出勤
出番を待つ
高座にて

名人上手たち
三遊亭円朝
明治の講談・落語の名人
桂 春団治(初代)
笑福亭松鶴(五代目)
エンタツ、アチャコ
柳家小さん(三代目)
蝶花楼馬楽(二代目)
桂 文楽(八代目)
三遊亭金馬(三代目)
昭和の人気落語家の千社札
寄席のはね(終演)

寄席あらかると
さげの種類
寄席あらかると
亭号の起源/寄席の出囃子
太神楽・曲芸 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
- | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://performers.jugem.jp/trackback/9
2007/04/19 2:59 PM posted by: エンタメ旬ネタwalker
正蔵“出直し高座”で開口一番「税金はしっかり納めましょう」!父で落語家の故林家三平さんのゲンコツを頭にかざすポーズで申し訳なさそうに登場し開口一番、「皆さん、税金はしっかり納めましょう!」とあいさつ。自虐ネタで会場の爆笑を誘い、“出直し高座”を見事務
2007/04/19 3:44 PM posted by: 【噂のホント】マル秘にゅーす速報
正蔵“出直し高座”で開口一番「税金はしっかり納めましょう」!東京国税局から約1億2000万円の所得申告漏れを指摘されていたことが16日に発覚し釈明会見した落語家、林家正蔵(44)が18日、東京・上野の鈴本演芸場で、会見後初の高座に挑んだ。